江頭2:50の出身地は佐賀県?

お笑い芸人・江頭2:50さん。
好き嫌いがはっきりとわかれる芸人ですが、それだけ個性が強いということの裏返しでもあります。
そんな江頭さんの出身は?

出身地は佐賀県

江頭さんの出身は、佐賀県神埼郡千代田町です。
地元にある佐賀県立神埼高等学校をした後、九州産業大学に入学。
学校での江頭さんは人を笑わせる盛り上げ役だったそうですが、小・中・高と必ず江頭さんよりも面白い同級生がいたとのこと。
大学ではどうだったのかというと、なんと1週間でスピード中退。
その後紆余曲折があり、芸人になるために上京をすることになりました。

江頭さんはビートたけしさんの「オールナイトニッポン」のファンで、上京当初はたけしさんに弟子入りすることを希望していました。
その希望を叶えることなく「大川興行」に入ったのは、求人誌の広告がきっかけでした。
当初は、笑いを勉強するつもりで大川興行に向かった江頭さん。
しかし大川興行のパフォーマンスに魅せられ、オーディションを受けることになりました。
そして見事合格を果たし、以降は大川興行で活躍をすることになったのです。

佐賀県から始まった江頭さんのお笑い人生。
ただひたすら人を笑わせたいという思いは、学生の頃から変わっていないのでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする