石川遼のあだ名「ハニカミ王子」の由来は?

プロゴルファー石川遼選手のあだ名といえば「ハニカミ王子」ですよね。
しかし、今の若い人には知らない人もいるんだとか・・・。
言われてみれば、最近使われなくなってきましたね。

あだ名「ハニカミ王子」の由来は?

石川遼選手のあだ名はハニカミ王子です。
このあだ名の由来を語る時に、一人の野球選手の存在を欠かすことはできません。
現在日本ハムファイターズでプレーをしている斉藤佑樹選手です。
斉藤選手は2006年に甲子園優勝投手となり、マウンド上でハンカチを取り出したことから「ハンカチ王子」と呼ばれていました。
そして石川選手がハニカミ王子と呼ばれることになったのは翌2007年。
石川選手が大会で優勝をした際に、その模様を中継していた局のアナウンサーが「笑顔がすてきなハニカミ王子」と表現したことがきっかけでした。
これが、ハンカチ王子と呼ばれすでに人気物になっていた斉藤選手を意識したコメントであることはほぼ間違いないでしょう。
このあだ名はあっという間に浸透をして、マスコミはこぞって石川選手のことをハニカミ王子と報じるようになりました。
この時期は、とにかくこの二大王子の話題で持ちきりでした。
石川選手が台頭してから、ゴルフ人気は女性層を中心に飛躍的に伸びました。
石川選手のおかげであることはもちろんですが、隠れた功労者はハニカミ王子を命名したアナウンサーではないでしょうか。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする