巨人の補強にAJはあり得る?

今年のオフも、補強戦線が加熱しています。
多くのFA選手が行き先を決めていますが、外国人に関してはまた不透明な球団もあります。
巨人もその球団の一つです。


FAでは、ヤクルト相川とDeNA金城を獲得した巨人。
外国人を見てみるとアンダーソン・マシソン・セペダ・メンドーサは残留とされていますが、ロペスは放出をされました。
新たに新外国人の獲得を検討しているようで、その名前にDeNAのグリエルと楽天退団となったAJことアンドリュー・ジョーンズの名前が挙がっています。
グリエルは二塁を守れますし、このポジションで不動のレギュラーがいない巨人の思惑とは合致しています。
しかしキューバルートはいろいろとややこしいようで、グリエルが来年どこでプレーをするのかは不透明となっています。
報道によりますと、そこでAJの名前が挙がったんだとか。

打率は低いですが四球が非常に多く、下手に新外国人を海外から獲得するよりかは堅実なのかもしれません。
ただメジャーでは外野の名手だったとはいえ、衰えもあって日本では指名打者や一塁での出場がメイン。
2015年の巨人は阿部を一塁で起用する予定なので、もしAJを獲得するのなら外野ということになります。
巨人の外野のレギュラーは、長野とアンダーソンと亀井。
ただし、長野とアンダーソンは手術明けです。
亀井も今年、年間通して活躍したわけではありません。
ただ金城も獲得しましたし、若手の橋本や大田もいます。
現状の外野は必ずしも助っ人を獲らなければいけないポジションでは無いと思いますし、仮にAJとアンダーソンを同時起用することになれば守備も不安です。
元メジャーのスターであるAJとあらば、獲得をすればスタメンで使わないわけにはいきません。
そのため巨人が本格的にAJの獲得に乗り出す可能性は、低いのではないでしょうか。
個人的には外野の外国人を獲るとしても、もっと小回りが利きそうな3Aの選手を獲る気がします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする